今流行りのおからパウダー、流行りが終焉に向かうのをひたすら待つ。

 娘から、「おからパウダー」が体によいと聞き、ならば試してみようと購入に走ったけれど、既に遅し、近隣のスーパーなどでは手に入らず、ネット通販では最悪な状態になっていた。以前にも学習のために買い求めたいと思っていた冊子が普通価格の30倍の値段で販売されていたのには驚いたけれど、さすがに200円ほどでみかけていた商品を1万円以上の値段で販売するのはどおなの?と面食らってしまった。
 あれは大豆の搾りかすの「おから」を粉末にしたものだと思ったけれど、説明文には「純国産」「遺伝子組み換え無し」「無農薬」なんて言葉が連なっているのだろう。
もともとが大豆なので体にいい事はわかるけど、ここまでしてさすがに購入する人は・・と思ったら、「いた!」確かに商売をする方としては、いい材料なので強気の価格設定は普通なのかもしれないけど、そこまで心を鬼にできないので、自分の場合、商売は超下手かもしれない。 
 一般的に、食品の原価は販売価格の1/3と言うけど、amazonで売られているその大豆パウダーは1/10かもしれない。今流行っているだけに、それでも売れるのだろう。
?即日融資 5万