学校で教えられる防犯対策について感じること

子供たちが通う小学校では、「知らない人についていかない」など防犯対策を教えてくれていて地域で起こった不審者情報や事例などを保護者に対してメールをしてくれています。地域内では男性に声を掛けられたとか腕をつかまれた、写真を撮られたなど怖い思いをした子もいるようです。幸い、私の子供たちはそのような目には合ったことがないのですがきちんと対策してくれている学校に対して有難いなと感じています。
それでも、防犯意識が高過ぎるなと感じ昔に比べて子供たちが少し窮屈になっているのを感じます。先日も、息子の先生が家庭訪問に来ていた時に帰り際に遊びに来ていた息子の友達たちが「あの橋でマスクをつけた男の人が写真を撮っていた」と報告していたのです。ただ単に景色を撮っていた方かもしれないですし、本当に不審者なのかもしれませんが何もかも疑っている感じの子供が私には少し可哀そうに感じました。大人も近所の子供に対して気軽に声を掛けられない時代であまりに細かい防犯対策はどうなのかなと感じてしまいました。http://www.ap4.co/epiler-vio/