プレートやマグニチュードなどにおいて学校

プレートについて学校しました。プレートの沈みこむ所に海溝があり、海溝に平行して火山がならび、震源が分布しています。震源の深さは日本海立場ほど濃いだ。次は、地層においてだ。離れた2エリアの地層を重要カテゴリーにより、同一の地層といった決められます。真新しい地層は、水を殆ど盛り込むやわらかい粘土のカテゴリーだ。次は、マグニチュードに関しましてだ。マグニチュード(M)が大きいほど、遠くまでゆれが伝わります。震源というエリアほど、スタート微動GET時刻(P-S歳月)が少ないだ。大地震も、はげしいゆれは1パイ下だ。しょうもない地震も震央最寄りはきつくゆれます。規模の高い地震ほど遠くまで感じられます。地震のパワーは、マグニチュード(M)が0.1大きくなるといったパワーは約1.4ダブル、Mが1大きくなるってパワーは約32倍になります。関東大地震のときの東西という南北道筋のゆれの録音を合成して示します。実際には、こいつに上げ下げ道筋の約1cmの行動がかかります。知らないことを勉強して良かったです。キレイモ パックプラン