各種化石のところについて授業しました

化石について稽古しました。鳥獣の多くは大気・水と地殻とが触る度合い、すなわち地層(堆積岩)が行える場所に生息するので主として、化石は地層または堆積岩の中から見つけ出されます。化石にはアンモナイト、黄鉄鉱化した拳固乗り物的、サメの歯、こはく、恐竜の足跡、サンド縁などがあります。現生の鳥獣は互い特定の環境に適応してあり、生息する場所や要因が限られるものが多いです。たとえば、造礁性サンゴは温暖な浅い海に生息する。過去の鳥獣についてもおそらく同様であったと考えられます。現生の鳥獣と近角で、化石を含む地層がいかなる境遇で堆積したのかを明瞭に描き出すことができるものを示相化石といいます。化石には、世界中の広い範囲の地層から、しかもとある特定の時代の地層に限って産出するものがあります。これらは、とある特徴的なカタチを秘める鳥獣が、極短い期間でかつ広範囲に栄えた成績だ。知らないことを学べて良かったです。