お酒の席での武勇伝を聞くのは耐えられない

お酒を飲むと急に性格が変わるような人と言うのは、いまも昔もいるのでしょう。
そういうときというのは、アルコールが回ってよい気分になるというのもあるのでしょう。
また、会社という場所から離れたところで、普段の鬱憤が溢れてしまうこともあるのではないかと思います。
しかし、私は、そういう人や場所と言うのがあまり好きではありません。
というのも、そういう席で語られるのは、昔の武勇伝なんかの話題が多かったりする気がしませんか。
お酒を飲んで性格が変わると言っても、酔ってふにゃふにゃになるか、気が大きくなって威勢がよくなるかのどちらかです。
なので、お酒の席では、大方いつもの展開と言うものが存在したりします。
もちろん、先輩たちの過去の経験や体験というのは、学ぶべき内容があったりすることもあると思います。
しかし、お酒の席では話の誇張が甚だしかったり、ただメッキ加工するように偉ぶりたいだけというパターンが多い気がします。
いまとこの先を生きていく人間にとって、ほとんど実のないような話というのは聞くに堪えないと思うのです。